ブログ

2012.05.23

音楽活動歴史の詳細暴露


はたまた体の調子が悪いので、このへんでいつ死んでもいいように
記録として残しておこうと(笑)

確か、1983年頃・・・・、博多のとあるとこで、7人メンバーの「サザエさんバンド」というのが
生まれました。
うんうん、当時からオリジナル志向でオリジナル曲。わたしは18歳か19歳

その後メンバーが11人に増えバンド名を「JAYsBand」と変え、天神のビブレホールを拠点にライブ。
当時は毎回ビブレホールがチケットを作って販売してくれてました。
今と同じ、ロック色があるポップス系バンド。
バイトをしていたレコード屋の先にあったYAMAHAのお姉さんがレコード店の常連で
ある日、カウンター越しに「CBSソニーが新人オーディションをやってるので、受けてみない」?って
声をかけて頂いて、オーディション当日・・・いそいそ天神のビブレホールへ。
わけわからぬまま、審査員7名の前でライブし・・・・・・・。その後5日ほどして・・下宿先に電話が。
1位通過なのでゆっくり話がしたいと言われ・・・・・。天神の事務所へ。
結局東京に行ってもらわないと、とダメみたいな話で。。。みんなメンバー博多から離れるの嫌やと。
SONYの担当からは、断ったバンドは初めてだと、イヤミを言われ・・・

でも今になって思う。ほんとに売り出すつもりならもっと強引だったと思う。
その3年後・・・どういうわけかわたしは、またしてもYAMAHAお姉さんの情報により面接をうけ営業マンとしてこのCBSソニーの赤坂営業所に入社したのでございます。
結局、音楽を仕事にするというのは辛い商売であることに気づき、2年で退社。

その後、ギターもすべて売り払い、音楽とは無縁の生活をしておりました。

その約13年後、いろいろあって一夜限りの弾き語りライブをしたのが運命。
3年後に今のBeansメンバーと出会ったのです。

ギターもへた、弾き語りでは自分の伝えたい音楽もサウンドも表現出来ないというジレンマの中で
舞い降りてきたBeansメンバーでした。

もうBeansも7年目ほどになりますが

今、自分の伝えたい音楽が限りなくうまく出来てて、

Beansメンバーの感性と才能に実は感謝している毎日です。

けしてメンバーにはそんなこと言いませんけどね。

すごく感謝しています。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«5月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

カテゴリー一覧

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ